住まいへのご提案

 通気層構法

通気層工法とは、木造住宅の耐久性を高める、長持ちさせるためのとても大事な仕組みです。
木材は、乾燥しているほど強度も強くまた、腐ることもなくも何十年と長持ちしますが、一旦木材が湿ってくると、強度も低くなり、同時に腐り始め、寿命も短くなりますます。
つまり、木材が常に乾燥しているかどうかが、木材の強度と寿命を決めていますから、通気層工法は、木造住宅を長持ちさせる大事な要素なのです。

通気層構法の役割

通気層構法の大きな役割としては、「湿気の排出」と「進入した雨水や結露水の排出」の大きく2つに分かれます。この2つのポイントを現場においても意識することで、施工ミスは減少します。

通気層構法 誤った通気層工法の実例・開口部の上下部分で通気が取れておらsず、雨水や結露水なども排出されず、漏水のリスクも高まります。

このページのTOPへ